プラネタリウム関連機材 (1)
 プラネタリウムの感想を書く時に使用される用語を簡単に説明します、私は専門家ではないので間違っていたらごめんなさい。プラネタリウムではスターボールとマイク1本あれば解説はできますが、多くの補助投影機から全天周映画やビデオプロジェクターによる動画が多用されて来ています。また最近はドーム音響設備も充実してきていますので嬉しい限りです。

 プラネタリウム本来の目的とは星座を忠実に映し出すのではなく「惑星であるプラネットの複雑極まりない動きを忠実に再現する道具」です。最近は技術が向上していまして1等星の色や星雲星団まで再現されていて双眼鏡で覗くのも楽しいです。プラネタリウムは20m程度に圧縮された世界ですので是非とも「本当の夜空」を体験してください。
水平館(フラット館)
傾斜館
プラネタリウム本体
コンソール
スターボール/1球式
スターボール/2球式
スカイライン投影機
惑星投影機/モリソン式
惑星投影機/ツァイス式
惑星投影機/宇宙型
プロジェクションギャラリー
朝・夕焼け投影機
ブライトスター投影機

■水平館(フラット館)

プラネタリウムとしてまず思い浮かべるのはドームスクリーンが水平で、座席がプラネタリウム本体に向かって同心円方向に並んでいる水平館だと思います。代表的なのが渋谷の天文博物館五島プラネタリウムです。プラネタリウムの座席にはプラネタリウム本体中心に向かって座る「同心円配列」とプラネタリウム本体に向かって一方向に並ぶ「扇型配列」があります。(写真提供/京都市青少年科学センター)

■傾斜館

最近オープンする館では座席が階段状に並んでいて、ドームスクリーンが前側に少し傾斜しています。日本初と言われる傾斜館が横浜こども科学館です、プラネタリウム番組中や全天周映画番組が上映されています。(写真提供/浦和市青少年宇宙科学館)

傾斜館

モリソン式

■プラネタリウム本体

このプラネタリウムは五藤光学のGX-10Tで主に9m〜13mのドーム径に対応いたします、日本国内では一番オーソドックスなプラネタリウムです。プラネタリウム本体には基本的に北天と南天の恒星投影機、銀河(天の川)投影機、月投影機、太陽投影機、惑星投影機がセットされています。下側には朝・夕焼け投影機やスカイライン投影機などもセットされています。

■コンソール

番組の解説者が座っているところでプラネタリウムの全てを操作する場所です。ここには各種操作ボタン、パソコン、ミキサーが整然と並んでいます。暗い時には各ボタンに照明が点灯されて、まるで宇宙船のコックピットのようで凄いです。

コンソール

GOTO GSS-2

■スターボール/2球式

全天の星空をドーム一杯投影する最も重要な部分です、この五藤光学のGSS-2は北天用(16分割)と南天用(16分割)の2つのスターボール(恒星投影機)からなる 「2球式」です。回りには1等星専用の投影機や銀河投影機も付属されています。(向井千秋記念子ども科学館)

■スターボール/1球式

この五藤光学のGSS-Heliosは最近のプラネタリウムで惑星投影機が本体から分離していてしかも従来の2球式とは違ってコンパクトな1球式となっています。

GSS-Helios

スカイライン

■スカイライン投影機

この投影機は番組が始まる時に町の風景(遠景)を良く投影する機械です。ドーム全周に写し出すことで、その場所にいるような臨場感を与えます。なおスカイライン投影機は五藤光学の呼び名で、ミノルタではパノラマ投影機と呼ばれています。最近は実際に撮影された風景をドームのカーブに合わせて画像処理した実写スライドが投影される館も見かけます。

■惑星投影機/モリソン式

プラネタリウム本体の外側に向かってスターボール、惑星投影機の順に並んでいます。なお先端には16分割の1面だけの恒星投影面がセットされています。この並び方をモリソン式とか五藤式と言います。(写真は五藤光学GM2-AT)

■惑星投影機/ツァイス式

プラネタリウム本体の外側に向かって惑星投影機、スターボール順に並んでいます。この並びをツァイス式と言います、国内ではミノルタがこの形式です。(写真はミノルタMS-10-AT)

宇宙型/惑星投影機

■惑星投影機/宇宙型

最近の1球式は宇宙型プラネタリウムとも呼ばれていまして惑星投影機はスターボールとは違った場所に設置されています。ドーム内をコンピューター制御でXY移動させて惑星、太陽、月の動きを再現致します。

■プロジェクションギャラリー

通常「プロギャラ」と短縮して言われます。ドーム後方の大きなガラス窓の部屋からさまざまなスライド投影機がセットされていて、音楽やナレーションに合わせて投影されます。その他には雨や稲妻などの特殊投影機、館によってはレーザー投影機などがあります。

プロギャラ

朝・夕焼け投影機

■朝・夕焼け投影機

太陽が沈んだ後のきれいな夕焼けや日の出前の朝焼けを投影することが出来ます。同時に夕焼け雲が投影される館も見受けられます。従来のプラネタリウムではスターボールの傍にセットされたいましたが最新鋭機ではドームの高い位置から東や西の夜空を赤く染めます。

■ブライトスター投影機

 特に明るい1等星はスターボールの光度差だけではカバーできず専用の投影機を使用しています、赤い星はそれなりに色も工夫されています。(右の写真ではスターボールの上側にセットされております。)またソフト的にハード的に明るさを変化させて星が瞬いているように見せる機能もあります。

(注意)
 ホームページに使用されているプラネタリウム関連写真は無断転載を禁止いたします。プラネタリウム設備の撮影に御協力頂きました、向井千秋記念子ども科学館、日立シビックセンター、北本市文化センター、すみだ生涯学習センターにこの場を借りまして感謝いたします。また写真の使用転載を頂きました葛飾区郷土と天文の博物館、明石市立天文科学館、南牧村農村文化情報交流館、京都市青少年科学センター、浦和市青少年宇宙科学館に感謝いたします。