メルヘン街道〜高見石小屋

●メルヘン街道〜高見石小屋(大晦日〜元日)
これまで新年会は2回目でしたが初めて忘年会に参加です、こんな天気悪いのは初めてなのでちょっと心配です。いつも通り通行止めの車道をスノーシューを付けて歩き出します、歩いていても顔だけは寒いです。 時々麦草ヒュッテのスノーモービルが通過しますのでトレースがあり安心ですが雪が降っているのでやがて消えて行きます、道に迷うことはないです。

麦草峠に近づくと吹雪状態となり山並みが全然見えません、白駒の奥庭では何度も足を取られ時間ロスしてしまいましてちょっと疲れました。白駒池分岐にやっと到着して暫し休憩、ここからが最後の登りで丸山・麦草峠分岐を過ぎてやっと高見石小屋に到着しました。渋の湯からのルートはまだ夏も冬も一度も歩いたことないので今年は歩いて見たいです。

天気が悪いので宿泊者は少ないと思っていたのですが到着した時には20名以上もおり、最終的には約50名、天泊も1名おりました。以前はランプの宿だったのですが主なランプの中身は電球となっていて、就寝時間帯は本当のランプを使用していました。忘年会の参加費は1,000円でアルコールとおつまみ代を含みます。(ヤマケイJOY2007冬号にも紹介されています。)

夕食後には忘年会が開始されて少し時間が過ぎてから恒例の自己紹介が始まります、子供連れや兵庫県から参加者もおり、山登りのきっかけや来年の抱負、高見石小屋の印象等。十人十色の山の楽しみ方があるのだと実感します。小屋番の石川さんは星空ガイドも行いますので夜空が楽しめます、また天気が良い時に高見石小屋に泊まって見たいです。

(メルヘン街道09:30発---麦草ヒュッテ11:30---白駒池分岐13:00---高見石小屋14:00着)


ここから歩き出します


1900m付近


スノーモービルのトレース


麦草峠


麦草ヒュッテ


白駒の奥庭


白駒池方面


高見石方面


高見石小屋


高見石小屋