桃岩林道(7月30日)

●桃岩林道(07月30日)
初めて礼文島に行った6月では予定していた桃岩林道とスコトン岬に行くことが出来ませんでしたので急遽2回目を決定しました。前回同様に4日間の休みを利用して稚内FTから香深FTに向かいます、1日目は移動で終わってしまいます。

天気が余り良くないようですが6月に来た時にはやっと咲き始めたレブンウスユキソウでしたが、今回はレブンウスユキソウ群生地で見頃を過ぎましたがどうにか見ることが出来て嬉しかったです。

今日はここから車道に戻り桃岩林道に向かいます、ちょっとガスっているようで展望が望めないので桃岩展望台で引き返しましたが色々とお花が咲いて嬉しいです。車道に出てトンネルを過ぎると緑濃い桃岩と遠くに背中を向けたような猫岩が見えて来ました、桃岩猫岩展望台からの眺めは素晴らしく礼文島が海底から隆起したのが良く分かる地形の風景です。この先にはYH桃岩荘があります、今度は泊まって見たくなりました。

元地方面から猫岩までの岩場は緑一面で利尻島が約5万年前に噴火したとは対照的に氷河期(約10万年前)に隆起した島の地形をそのまま見ることが出来ました。専門用語では「海成段丘」と言うそうで歩いているとちょっと変わった地形だと感じますし、花の浮島の根拠なのでしょう。

遠くに見えた元地にある地蔵岩を見たくて元地方面の海岸線を歩きます、元地港を過ぎると車道の終わりから海岸沿いは立入禁止で真近に地蔵岩を見ることはできませんでした。以前はこの海岸沿いから礼文滝に行くルートが有ったそうです。元地海岸にはメノウ浜とも呼ばれメノウが見つかる時もあるそうです、路線バスが到着しましたので香深FTに戻りました。


利尻島に向かいます

静かな朝を迎える

礼文林道

レブンウスユキソウ群生地

お花畑

レブンウスユキソウ


桃岩展望台


香深方向


桃岩

遠くに猫岩

地蔵岩

元地海岸