花の登山道(角田山)

平成20年04月05日(花の角田山)
北陸道の巻潟東を降りて巻町を過ぎて角田山に車を走らせます、桜尾根登山口の駐車場はもちろん満車です。角田浜の駐車場はマイカー(関東ナンバーも多い)や観光バス(宇都宮ナンバー)で一杯とはびっくりで角田山の春を感じます。五ヶ峠登山口方面は寺泊方面分岐から直ぐに一方通行の案内板が有りました。

桜尾根登山口を歩き出すと最初はやや少なかったミスミソウも多くなり撮影に夢中でいつ山頂に到着するのかわからなくなってしまいました。中腹付近は見頃を過ぎておりましたがオオミスミソウ、ミスミソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、トキワイカリソウ、ナガハシスミレ、ショウジョウバカマ、エイレイソウにも出会えました。

山頂への登山道に合流したのですが時間オーバーで山頂を断念して(あの混雑では座る場所があったのかな)三望平は混雑もなくお昼休憩にします、天気が良くて最高です。

三叉路に下ります、初めて角田山に行った時にコシノカンアオイを見つけたのですが咲いていないかと下を見ながら歩きます、灯台コースを歩いて直ぐにコシノカンアオイの群生を発見します、なんとも地味なお花で見逃すハイカーも多いのでしょう。急階段が終り緩やかになると登山道の両側の斜面に咲くカタクリの連続でキクザキイチゲやショウジョウバカマも咲いています。カタクリを撮影しているとシロバナカタクリが咲いていると教えてもらいます、群生地には必ずと言っていい程シロバナカタクリ(佐野市の三毳山でも2輪咲いていました)を見かけます、2年前にも灯台コースで咲いていました。

最後のミスミソウの群生を撮影を終えると急坂となり樹林帯から岩肌だけの稜線に出ます、天気も良く素晴らしい展望ですが足元には注意して下ります。最後の上りを過ると角田岬灯台の階段が連続してやがて角田浜に到着しました。(コンデジの写真が少なくてちょっと説明不足です。)


(桜尾根登山口10:30---合流地点13:30---三望平14:00/14:30---三叉路15:00---角田岬灯台登山口16:00)


角田浜駐車場

急坂を過ぎて

三望平

角田岬灯台へ

オオミスミソウ

シロバナカタクリ


カタクリ