美濃戸〜赤岳天望荘
●09月18日(美濃戸〜行者小屋〜赤岳天望荘)
今回で2度目の南八ヶ岳です、前回は美濃戸口に駐車しましたが今回はオフロード4WDなので美濃戸の八ヶ岳山荘駐車場に深夜2時に到着。朝6時に身支度をして行者小屋に向けて歩き出します、今回は南沢を登り途中の広い白河原からは緩やかな上りで阿弥陀岳が朝日に輝いてきれい、苔の登山道はちょっと屋久島の白谷雲水峡を思い出します。正面に赤岳が見えてくるとまもなく行者小屋に到着です。

行者小屋からは阿弥陀岳、中岳、赤岳、横岳(大同心と小同心)、硫黄岳の展望が素晴らしい、地蔵尾根を登り始めると最初はなだらかですが途中からは鎖場や鉄梯子の連続でガスが広がって来て展望は無理となりました。稜線の地蔵ノ頭にやっと到着すると横岳が迫ってきます。ここから300m歩けば赤岳天望荘で、赤岳天望荘を過ぎて赤岳山頂を目指し鎖場を登ります。赤岳山頂小屋に到着すると来ると山頂なのですが、赤岳の案内板は約100m先の南峰にありました。山頂からの展望はガスで無理でしたが中岳方面が少し見えた時はやはり高さを感じ恐かったです。

赤岳山頂小屋も台風時には飛ばないかと心配してしまう場所に建っていますね、赤岳山頂で休憩兼お昼を済ませて赤岳天望荘に下りました。(美濃戸06:00---行者小屋08:30/09:00---地蔵ノ頭10:00---赤岳(南峰)11:00/12:00---赤岳天望荘13:00)


樹林帯


苔の情景


正面に赤岳


行者小屋


阿弥陀岳


やっぱり高さを実感


地蔵ノ頭


赤岳(南峰)


中岳方面


赤岳山頂小屋(北峰)